CORSAIR ゲーミング キーボード Vengeance K65

こんにちは。僕はパソコンでFPSゲームをするのが趣味なのでゲームに関連したオススメアイテムを紹介したいと思います。

PCゲームは専用のコントローラーを使うこともありますが、基本的にはマウスとキーボードで操作します。今回書くのは、キーボードについてで特にゲーム用のキーボードのレビューです。とはいってもゲームをやらない人にもオススメできるものです。

ということで下の画像が自分が昨年末に買ったゲーミングキーボードCORSAIR Vengeance K65 Compactです。

珍しい見た目でフレームがアルミ素材で作られています。それからテンキーがついていません。ゲーマーは大きいマウスパッドを使う人が多いのでテンキー無しはプラスポイントです。

こういったゲーミングキーボードと普通の安価なキーボードとの主な違いは2つあります。

1つ目は応答速度です。キーを入力してからパソコンに認識されるまでの時間がゲーミングキーボードだと速くなります。文字入力をしてみればラグが無いのがすぐに体感できます。

このキーボーは上部にレポートレートを設定するスイッチがついています。(下の画像)4段階に調節が可能で最大1000Hzのレポートレートで通信できます。つまり1msごとに入力されたデータをPCへ送れるということなので応答速度が速いです。

2つ目はアンチゴースト、Nキーロールオーバーといった機能です。これらの機能があることで複数のキーを同時に押したり高速で入力した場合でも正確に認識することが可能になります。ゲームだと移動しながらスキルを発動したりするため重要な機能となります。安いゲーミングキーボードだとよく使われる一部のキーのみ同時押しが可能といった制限がありますが、このキーボードは全キーにこれらの機能が対応しています。

実はこの2つの機能はゲーム用でなくても高級なキーボードであれば搭載されています。なのでゲーム用ではない高級キーボードをゲーム用に使用することもできます。僕もキーボードを選ぶ時にそれらも含めて色々検討しました。

最終的にこれを選んだわけですが、キーの種類、価格、見た目で決めました。

K65は、CHERRY MXスイッチというものを使っているメカニカルキーボードです。このCHERRY MXスイッチは色で種類が分かれていて、茶軸、青軸、赤軸、黒軸などがあります。軸によって音やキー荷重、弾力などが違います。K65は赤軸です。赤軸はストローク荷重が45gと軽くて音は普通、弾力はそこそこあるといった感じです。青軸や茶軸は人気が高い軸で感触はいいのですがカチャカチャと大きな音がしてうるさいです。黒軸は音は静かですがキーが重い。なので間を取って赤軸にしました。

キーの感触の好みは個人差があると思うので実際に店頭で触ってみることをオススメします。

そして価格なんですが、Cherry軸のメカニカルキーボードは普通1万円以上します。K65も定価だとそのくらいです。ところが僕は50ドルで手に入れることができました。ドルで気づかれたかもしれませんが、Amazon.comで買いました。ただ配列は英語87です。今でも60ドルで買えるので英語配列が欲しい人は個人輸入がオススメです。最安の輸送プランと諸々の手数料を合わせて15ドルくらいは追加でかかりますが、1万円でお釣りがきます。

配列は英語87キーボードと日本語91キーボードの2種類を選べますが、日本語配列が欲しい場合は、価格ドットコムなどで最安が9000円位となっているので国内でも安く買えます。

それから見た目はメタリックな感じでかっこいいです。またキーがむき出しとなっていて掃除がしやすいというちょっとしたメリットがあります。横から見ると傾斜が付いていて指の力がキーボードに伝わりやすくなっていることも分かります。

後ろの足を立てればさらに傾きをつけて調整することができます。

そんな訳で昨年末から半年ぐらい愛用しているこのK65なのですが、一応使っていて感じたデメリットも挙げておきます。一つは赤軸であるため競技タイピングには向いていないということです。もう一つがフレームがアルミなので赤軸にしては音が響くということです。まあこれぐらいですかね。タイプスピードに関しては青軸とか茶軸に勝てないだけで安いキーボードに比べれば圧倒的に速く打てるし、タイプ音も自分はヘッドホンをしているので全く気にならないですけどね。

ちなみにK65にはRGBモデルもあり、そちらはLEDで光らせることができます。その他マクロなどを専用のドライバソフトで設定できたり、リストレストが標準で付属していたりと少し上位のモデルとなっています。

他は、今年発売されたK63というK65ベースの新しいモデルもあります。こちらはフレームがアルミではなく形も若干違いますが、同じ赤軸のテンキーなしキーボードです。赤色の単色LEDで光り、ドライバソフトで設定することもできます。

というわけでK65は赤軸を触って気に入った人や赤軸を使ってみたいという人にはぜひオススメしたいキーボードです。

この投稿は、MnMさんの主観的なご意見・ご感想であり、商品の価値を客観的に評価するものではありません。また、この投稿は購入した当時のものです。内容、金額等が現在と異なる場合がありますので、購入の際は必ず販売サイト、公式サイト等でご確認ください。